たな

たな

いろんなことを考えます。いろんなことに挑戦します。Javaのエンジニアです。

私のブクログです!!

【スポンサーリンク】

『シンプルに考える』を読みました

『シンプルに考える』を読みました

シンプルに考える

シンプルに考える

印象に残った言葉

自分の価値を高められると感じたときには、「お金」や「名誉」も捨てて転職してきました

→市場から評価される為に、これは本当に重要だと思う。

優秀な人ほど「喧嘩」をしない 「勝ち負け」にこだわるのはダメ

→一貫しておっしゃる、「ユーザーにとって価値があるかどうか」だけが判断基準となる。自分を守るために、主張を通すのではなく、ユーザーの為になるから、議論を行う!

お互いに「いいもの」をつくるために働いているという信頼

→これは「心理的安全性」を担保するために大切だと思う。

僕は改めて「守ると攻められない」という言葉を噛みしめています。いつか再び訪れる「大きな変化」に対応するために、この言葉を絶対に忘れてはならない

→過去の成功を捨てる。時代の流れを感じる。

差別化を考えるとき、僕たちが見ているものは何でしょうか? ターゲットとしている商品であり、ライバル企業です。そこには、ユーザーがいないのです。つまり、差別化を追求すればするほど、ユーザーが求めていることから離れていってしまう恐れがあるということ。ユーザーが求めているのは「違い」ではなく「価値」です。自分にとって価値がなければ、どんなに際立った違いがあっても振り向いてはくれない

→これが一番目からウロコだった。本当にそうだ。一番大切にしなければならないユーザーのことを置き去りにしてしまっていた。
ユーザー体験を向上させるために、本質のところ研ぎ澄ませなければならない。余計な贅肉は削ぎ落として、シンプルに、シンプルに。

ベンチマークをした商品のなかで、ユーザーにとって最も重要な価値にフォーカスする。そして、その価値をとことん磨き上げる。そのときはじめて、僕たちは真の差別化を生み出すことができるのです

→⑤のところで書いたこと。これが本当の差別化につながる。

まとめ

2時間くらいで読めるけど、得られるところが多い良い本だった。おすすめ。
上記のように、私は「差別化」っていう言葉を誤解していたように思う。
「差別化」を考える際に、他社・他社の製品のことばかり考えてしまっていた。本当に注力しなければならないのは、サービスを使ってくださるユーザーの体験・ユーザーが感じてくださる価値なのに。
これからは、作るサービスが
誰に・どのような価値を届けられるか、
自分が誰に・どのような価値を届けたいのか、
熱量を持ちながら考えていきたい。

おわり。。

『怒らないこと』を読みました。

『怒らないこと』を読みました

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

Kindle Unlimitedで読めるのでおすすめです。
新R25の記事( 事なかれ主義の忖度おっさんに憤慨!? インフルエンサーたちが「最近キレたこと」|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル )の中でえとみほさんが薦められていて、興味を持ったことがきっかけでした。

素敵だなと思っている方が薦める本は読んでいくスタイルです。

「怒ること」は猛毒

怒ることはマイナスの、暗い感情であり、自分の幸福を奪うし、他人の幸福も奪ってしまう。
幸福であることが望ましいのなら、絶対に怒ってはならない。

たとえ、いきなり人に殺されることになった瞬間でも、怒ってはいけないとまで言います。

物事をどう捉えるか

物事を捉える際に、どうしても主観的になってしまいますが、それでは本質を見失ってしまいます。
本の中では、人間は一般的にゴキブリを気持ち悪がりますが、鶏はおいしそうだと思って、食べることがある。
という例が挙がっています。

そうだよな。上記の例は少し極端な例かもしれませんが、日常生活のあらゆるところで、主観を入れすぎてしまうことがあります。気をつけなければなりません。

自分の存在を自分が認めてあげる

他人と比較をしてはならない。
自分がやるべきことを精一杯やれば、それで良い。
他人との勝ち負けではない。

「きつく」対応することと「怒らない」ことは違う

相手が攻撃してくるなら、堂々とした態度で対応しなければならない。
私もそれ相応の対応をするぞという意思を見せることも重要。

感想

怒らないことは本当に難しいと思います。
満員電車でもイライラしてしましますし、歩きタバコをされたら怒ってしまいます。
その度に「自分は小さい人間だなー」と自己嫌悪に陥ります。
本に書いてあるように、「怒る」感情は本当に何ひとつ良いところがありません。
「怒る」感情は、自分の中から湧き上がってきます。必要のないものが出てきてしまうので、それは自分が自分を制御できていないことの証左になります。
「やばい、怒ってしまいそう」となってしまったとき、それを第三者的視点で感じられるようにしたいです。
よく聞く、「怒りそうになったら、5秒数える」のような、ある特定の感情が生まれそうになったら、無意識のレベルで実践できるような行動を身につけることも有用そうです。 少し時間を置いて、自分を客観的に見るために、怒りそうになったら、「わ、自分、今、怒りそうだ、おもしろ」って思えるようにしたいです。

おわり。。

『バカとつき合うな』を読みました

堀江さんと西野さんの共著の『バカとつき合うな』を読みました。

バカとつき合うな

バカとつき合うな

お二人の本は多く読んでいていつも面白いので、非常に楽しみでした。
『多動力』を著した堀江さん、多動力の塊のような西野さんがどのようなことを語られるのかなということに興味がありました。
「バカ」とはポジティブにもネガティブにもなりえますから、そこらへんも楽しみでした。

ハイライトした箇所

堀江さん

テクノロジーに抵抗を示す人たちは、機械になりたい人たち。
・・・
反テクノロジー主義のほうがむしろ、反人間主義なんですよ

堀江さん

死なんかがあるせいで人はバカになる

西野さん

「折り合いをつけない方向で可能性を探る」

テクノロジーとの融和

よくある話ですが、これからテクノロジーを軸として社会が成長していくと思います。
「AIが仕事を奪う」とか言われますが、そんなことはないでしょうし、仮に「奪う」としても、仕事の20%くらい奪ってくれはしないだろうかとも思っています。
そしたら週休3日になりますよ。5日の20%で1日分ですね。 テクノロジーは人間をサポートします。人間の能力を向上させます。より良く豊かな人間になるための道具となります。
うまく付き合わないと損ですね。

テクノロジーは、テクノロジーを導入すると、生産性が大幅に上がる分野から順に導入されるはずです。
事務作業とかですね。

本の内容に戻ると、テクノロジーは、人間の生産性をあげたり、個々人の時間を生み出したりするものであるのに、それに逆らうなら、むしろ人間性を否定することなんじゃないかってことで、本当にそうだなって思いました。
機械にできることは機械にやらせれば良くて、できた時間で人間がやりたいことをやれば良いですもんね。

「死」との向き合い方

これは考えたことがなかったので、この本を読んで良かったなと思いました。
気付いていなかったのですが、「死」を恐れ、「死」なないように行動しているのですね。
普段私を含め多くの方は「死」が身近にないのではないかと思います。
また「死」んだことがある方はいないと思います。
今生きている限り、「死」は「自分」のことではなく、「どこかの誰か」のものです。 昔「一人称の死」・「三人称の死」の話を読んだことを思い出しました。

「死」を体験したことがないのに、それを怖がっているってなんだか変な感じがしますね。
何か案があるわけではないですが、「死」との向き合い方は考えていきたいなと思います。

「折り合いをつけない」

これは言わずもがな、自分の心の声に従ってどんどんやっていこうってことですよね。

おわり。

グループディスカッションの攻め方

就活におけるグループディスカッションの攻め方です

最近就活の話題をよく目にします。
経団連がルールを撤廃するようです。
「ふふふ」って感じですよね。
今回は私が就活時に実践していた、グループディスカッションの攻め方を紹介します。
結構役に立つと思います。特に、話すことが苦手な方は、この方法を取るのが良いです。

先に結論を書くと、ディスカッションでは「絶対に真ん中に座る」というものが全てです。

集合時間の20分前には会場に入る

当然ですが、絶対に遅刻はいけません。でも間に合えば良いというものでもありません。
20分前と書きましたが、少し語弊があって、正確には、「一番に会場入りする」ことが重要です。
これは、次の項の「場の雰囲気を掌握する」につながります。

場の雰囲気を掌握する

前項のように、自分が一番に会場入りします。もし席を選べるタイプなら、真ん中に座りましょう。左右に人が座る形になるポジションです。 そして、あとから来る就活生を迎え入れます。これは超大事です。

一人目が来ました。まずは迎え入れ、話かけます。はじめは挨拶程度からしましょう。相手も緊張しているはずなので、ほぐす意味合いもあって、会話は続けやすいのではないとか思います。ここで会話を途切れさせてはいけません。 二人目が来ました。ここです。ここが重要です。二人目に声をかけます。「こんにちは」と。自分と一人目が作った空間に温かく迎え入れてあげますよという雰囲気を醸し出します。
三人目以下も同様です。
これで大抵の場合は、会話の主導権を握れます。自分たちが初めた話題に巻き込む、あとから来た就活生をお客さんのように扱うという戦略です。

絶対に真ん中に座る

この記事の核です。
正直なところ、これだけで良いです。物理的に、意見が絶対に自分を通して行われるようになります。
右隅の方が左隅の方に何かを話そうとすれば、絶対に自分が間にいます。

同調してうなずいてみたり、あるいは遮って反論してみたり・・・。
自分を軸に議論が進みます。ゲームマスターみたいな感覚で議論を進められます。
議論が苦手な方は隅に座ってしまうと、一言も話せなかった、周りの方々の身体が自分の方を向かなかったとなるので、注意しましょう。

議論強そうなやつの正面には座らないようにする

正面は否定しがち、されがちなポジションです。心理学の論文であります。気になる方は調べてください。 事前に避けることがおすすめです。

おすすめの本

個人的には「採用基準」を読んでほしいです。

採用基準

採用基準

おわり

結婚して名前が変わるということ

結婚して名前が変わる友人がいます

とても仲が良い友人が、この度めでたく結婚します。本当におめでたいです。
っと、思っておりました、が、改めて気付いたことがありました。
新婦の名前が変わっていたのです。

近年、夫婦別姓を求める声も聞かれますが、日本ではまだ夫婦別姓が多いように思います。
そして、新婦側が名前を変える例が多いようにも思います。

名前が変わる違和感

上記の通りですが、名前が変わったのです。これは本当にすごいことだなと感じました。
友人夫婦は、新婦の名前が新郎の名字に変わります。
新婦は26歳ですので、これまでの26年間自分で使用していた名字が、ここに来て変わります。
彼女を学生の頃から知っている方は違和感を感じるでしょう。

名前はモノと世界との境界である

まぁ、ここまでは普通に考えていましたが、改めて、名前って何なんだろうなと考えました。
結論としては、名前は、そのモノと世界を分ける境界なんだなと分かりました。

例えば「りんご」があるとします。
あの赤くて、食べると美味しい果物です。
たぶん皆さん「りんご」って聞いたら、頭の中に皆さんが「りんご」だと思っているもののイメージが浮かんでくると思います。
りんごと接触している回数が多く、慣れ親しんでいるから、容易にイメージできるんですよね。
「りんご」って言葉を、ringoって音を聞いたときに、他の何物でもなく、おそらく100人いたら98人くらいが思う「りんご」を思い浮かべているのですよ。
それは同じく赤いトマトでもなく、同じく果物であるみかんでもなく、あの「りんご」なんですよね、たぶん。

改めて言い直すと、

私達は、自らの内側に「りんご」という言葉、あるいは、"ringo"という音によって、正しくイメージを持ててしまう。他のモノでなく、「りんご」を自らの頭の中につくりあげることができるということです。

これが、「名前」がモノと世界の境界であると書いた意味です。
人間が認識するときに、名前(記号)を用いて、そのモノを他のモノから区別します。 これに実態は必要ありません、観念的なものです。

もちろん、形や匂いとかも関係あるでしょうが、今回の趣旨ではありません。少なくとも我々は誰かがつけた名前を有効に用いて、区別を行っています。

名字が変わること

話を元に戻します。
これまでの長い期間、自分と世界を分けていた名字という記号を、結婚という行為で変えることになります。
すごいことだと思います。
他者からの区別のされ方も大きく変わります。
結婚するから当然かもしれませんが、属するコミュニティも変容します。それは名前を通してでも行われています。

夫婦別姓に関して

今回の記事の内容を考えていて、夫婦別姓の良し悪しが分からなくなりました。
これは現在の素直な考えです。
前は「別姓で良いやん」って考えてたんですけどね。

好きな人と同じ区分にされる、世界との境界を好きな方と同じにするって言われてしまったら、「ええよな」って思ってしまいそうですから。
まぁ、選択的夫婦別姓、場所場所で使い分けられる柔軟さをもたせるでも良いかもしれませんが。

おわり

『いま君に伝えたいお金の話』を読みました!!

『いま君に伝えたいお金の話』を読みました

投資家の村上さんの新著を読みました。 これです。

いま君に伝えたいお金の話

いま君に伝えたいお金の話

子供向けの「お金」の本ですが、大人が読んでも勉強になりますし、お金の勉強を始めるのに最適な本だと思いました。

プライシング能力

2章で、どうして市場に売っている物の値段が変わるのかが語られていました。要点はちきりさんのマーケット感覚で出てきたプライシングと同様の能力のことだと思います。

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

その商品の価値は、値札についている誰かが決めた値段ではなく、自分にとってどれだけの価値があるかを考えるかが大切であるという趣旨のものです。
本当にこの能力は大事だと実感していて、私は「プライシングする」という考えを知ってから、「この商品は本当に自分にとって必要なものだろうか」、「値段は自分の考えるこの商品の価値に合うか」を考えて来ました。
無駄遣いは減りましたし、買い物の幸福度が上がった気がしています。

マッチング寄付

donation.yahoo.co.jp

こんな制度があったんですね。不勉強で知りませんでした。
本にもあったように、寄付は継続性・持続性が大事なので非常に良い仕組みだと思いました。

投資と社会貢献

こちらは引用です。

自分が大好きな投資も社会貢献も、「何かの目的を達成するためにお金を託す」という意味では同じだと考えるようになりました。違いは、リターンがお金であるかどうかという点だけです。

そうなんやなと。「目的は何か」さらに言えば、「自分の人生の目的は何か」を考えたいなと思いました。

村上さんのゴール

これも引用です。

「よりしなやかで、誰にでもセーフティネットのある元気な日本」を作ることだそうです。

気になったこと

本を読んで気になったことは、 1.村上さんはベーシックインカムについてはどうお考えなのかな?
2.どうしてシンガポールにお住まいなのかな?
ということです。

1は、村上さんのゴールからするとBIも一つの選択肢になりえると思うからです。
2は、日本のことをこれだけ考えている方が、シンガポールに住んでいるということは、現実を見せられた気がしたからです。
詳しくは知らないけど・・・。

面白い本でした。
おわり。。

目的に対して良いと思うことを選ぶ

Twitterでこんなことをつぶやいている方がいらっしゃいました

すごくハッとしました。

困難な方を選ぶのが良いと勘違いしていた

これまで私は選択する際に、より困難になりそうな方を、自分が成長しそうな方を選ぼうと意識していました。
そんな私からすると、このツイートがすごく沁み渡りました。

目的を忘れない

ツイートの通り、「いかに自分の目的に対して近づけるような選択をするか」が大事ですよね。当たり前のことなのに、全然考えられていなかった。
困難さや易しさが判断基準ではなかったんですね。
判断基準、フィルターは、いかに目的に近づくか、いかに正しいと思えることをするかですよね。

やはり自分の人生の目的を考えたい

最近「幸せとは?」ばかり考えています。
私の人生の目的は、今のところ「幸せになる」ことなので、そこを深めていきたいです。

おわり。。

【スポンサーリンク】