たな

たな

いろんなことを考えます。いろんなことに挑戦します。Javaのエンジニアです。

【スポンサーリンク】

損害保険会社に関して(就活・志望編)

私は損害保険会社には2年間勤めました。

決して長くはなく、全体を分かっている訳ではありませんが、就活で損害保険会社を目指す方の参考にはなるかなと思いましたので、記事を書きます。

 

まず、勤めていた会社は所謂メガ損保と言われる4社(東京海上日動三井住友海上・あいおい日生同和損保・損保ジャパン日本興亜)のどれかです。

大学生文系の就職人気ランキングでは、どの会社も上位に入るかと思います。

 

どうして人気なんでしょうか?

各会社のブランディングが上手なのでしょうか。

お給料等、複利厚生が良いからでしょうか(実際日経企業の中では良いと思います)。

昔から人気があるから人気なのでしょうか。

 

伝統的な大企業ばかりですし(あるいは大企業が合併した)、採用に力を入れていますよね。格好良く見えます。

総合職は全国転勤がありますし、一応金融なので、福利厚生は非常に良いとされています。

社会的な承認は得やすいかもしれません。

 

 

現在志望されている方は、どうして志望されるのでしょうか?

働いている社員が魅力的だったからでしょうか。

無形の商品を扱ってみたいからでしょうか。

全国転勤してみたいからでしょうか。

大学で保険に関する勉強をしたからでしょうか。

 

いろんな理由があると思います。

そこは一旦割愛です。

 

損害保険は、世の中の活動に欠かせません。物事の裏側で損害保険はそれを支えています。

例えば、

個人レベルでは、自動車を運転するときには、自動車保険が必須です。家を借りるときは火災保険が必須です。

企業レベルでも、自動車保険・火災保険はもちろん必須、工事現場では、万が一道行く方を怪我させてしまった場合等に備えて賠償責任保険が必須です。

以上のように、活動の裏側には損害保険が関わっていることがほとんどです。

 

損害保険の仕事は社会的意義があるのは間違いありません。

(一応ですが、損害保険がいらない場合は、全員が万が一の事故があった際に、自分の力で自分を救済できるときです。車で誰かを轢いてしまっても、相手への賠償・車の修理費等々、かなりのお金が必要になりますが、それを全部自分で払いきることができる場合で、現実ではほぼありえません)

 

しかし、世の中のあらゆる仕事は社会的意義があるものなので(社会的意義があるものしか売上が発生しないので)、なかなか難しいところですね。

ただ、損害保険のポジションが、全てビジネス一番下にくると思いますので(全ての活動を支えるという意味で)、それは他とは違うところかもしれません。

電気やガス・水道の事業にも損害保険は裏で支えているというイメージです。

 

素晴らしいかもしれませんね。

 

志望理由は、最終的には「人」になるのでしょうか。

各損害保険会社で行っている事業は変わらないと思うので、あとは社員訪問をして自分に合うのはどこかを雰囲気で探すので良いかと思います。

会社説明会に行ったり、インターンに参加して、社員に合うのが良いです。

 

おわり。。

 

 

 

【スポンサーリンク】