たいへいのブログ

たいへいのブログ

見聞きしたニュースや読んだ本の感想を綴ります。Javaのエンジニアです。

損害保険会社に関して2(就活・各会社)

損保各社を比較するとなると、

・どのグループに属するか

・海外展開はどうか

・力を入れている分野は何か

でしょうか。

 

例えば、

東京海上日動は三菱系、三井住友海上は三井系と住友系ですね。

・海外展開は、どの会社も力を入れています。国内は頭打ちと言われていますし、海外の会社の知見が欲しいので積極的にM&Aをしています。

海外の知見というのは、海外の保険事業環境はもちろん、海外の保険会社が強みとしている保険です。プロのスポーツ選手に対する「年俸保証」はこれですかね。 

損保ジャパン日本興亜が介護に力を入れているのは有名ですよね。ワタミから、介護事業を買収しています。介護事業は損害保険と非常に親和性が高そうです。

 

就活生は得てしてメガばかりみがちですが、国内には損保は50社くらいあります。他を見ても面白そうですね。新卒採用をしているかは分かりません。

ただ、志望理由が「福利厚生」等であれば、メガ損保にいかないとそれらを享受できないので、メガにいくのが王道になるのかなと思います。

 

国内では、朝日火災海上に注目しています。

最近楽天が買収しました。これは非常に面白いです。楽天は全ての生活インフラを作るなかで、ついに損保にも進出したんだなって思いました。各損保間の競争が益々激化するので、動向が非常に楽しみです。

 

先日銀行のAI等の導入による人員削減のニュースが世間を賑わせましたが、この流れはいずれ損保にも来ると思います。事務作業が多いですし。

しかし、短絡的に「AIの導入がやばいー」と考えるだけでは不十分で、個人的にはAIの導入に加え、ブロックチェーン技術の導入が(導入されるならですが)損保会社にダメージを与えると思っています。

金融周りの中央集権化から個人への分散化の流れが続くのであれば、ダメージは大きいです(たぶん)。

正直ここは感覚で思っている部分が大きく、論理的にはまだ説明しきれません。

 

会社の話に戻ると、外資系でAIGというところがあります。海外旅行保険でよく見ますね。AIU富士火災が2018年1月のタイミングで合併しました。ここもチェックすると面白いと思います。

 

余談ですが、ネット損保に関して少しだけ。

ネット損保は実はシェアが全然高くありません。1割くらいらしいです。あれだけTVCMをしているので、もっといってるかなと思いきや、そんなことありません。ネット損保で働いている方の知り合いは残念ながらいないので、どのような雰囲気か分かりません。ここから増えるかどうかも正直予想できません。米国のある保険会社は、営業をほぼ無くし、事故対応サービスに人員を割いているそうですが、この流れに近いものがあります。しかし、生保の方でもネット生保はあまりパッとしていないので、難しいのかもしれません。ピーポーズビジネスと言うだけのことはあります。

 

おわり