たな

たな

いろんなことを考えます。いろんなことに挑戦します。Javaのエンジニアです。

私のブクログです!!

【スポンサーリンク】

損害保険会社に関して(車編)

損害保険会社の収益の半分は、自動車保険料です。

自動車保険には2種類あり、義務で入る「自賠責保険」と上乗せで入る「任意の保険」があります。

自動車の売れ行きは非常に重要であり、自動車販売ディーラーと親しくすることも非常に重要です。

(「自動車運転技術」がやばいというのは、自動運転技術が発達すると事故が減るため(減るとされているため)、保険の必要性が薄れ、損害保険会社の収益が減るのではないかという話です。)

 

自動車販売ディーラーと親しくするためには、本業を協力してあげれば良く、自動車販売ディーラーの本業とは、文字通り、自動車を販売することです。

 

聞いたことがあるかもしれませんが、損害保険会社に入ると、車を購入することを奨励されます。

配属部署によりますが、車を購入しなければダメな(村八分にされる、上司に詰められるような)部署は実際にあります。

昔は新人配属されたら、自分のデスクの上に車の鍵が置いてあったということがあったようです(本当か嘘かは分かりません)。

 

車を購入するとなると100万円以上のお金が必要になります。新入社員のお給料で払うのは厳しいですよね。

じゃあ、どうやって購入するかというと、ローンです。

なんと、会社が非常に低金利でお金を貸してくれます。車を買うならお金を貸しますよと。

社員が車を購入すると、ディーラーに恩が売れるのと、自動車保険料が会社に入ります。よくできていますね。

また、もう1つ会社にとって良いことがあって、社員が会社を辞められなくなるということがあります。ローンがあると、なかなか転職しづらいですよね。

(一般的にお給料が良いとされているので、転職するとなると多くの場合、お給料が下がることになります。ローン返せませんね。)

 

車を持つと、車のローン代・駐車場代・保険料・ガソリン代等、ランニングコストが非常にかかります。

なかなか大変です。

 

私の体験談を言うと、購入せずに済んだ訳ですが、それは私が頑なに「車は購入しない」と主張したからでした。

事あるごとに「いつ車買うの?」と言われたり、「この会社に入って車を買わないなんて、その神経がわからない」と言われたりしました。

全然平気でしたが、ご参考までに。

 

ニュースで車不要と言っている若者が5割になったと有りました。

www.sankei.com

これは東京とか、インフラの整った都市のものデータだとは思います。

 

私の周囲を見渡しても、車欲しいと言っている方はあまりいませんね。

車を持ってないとモテないとかは、もう過去の話ですし。

記事にあるように、これからはレンタルやシェアリングになるでしょうね。

 

保険会社の車購入ローンの仕組みは、地方に行くと車は必須になると思いますので、非常に良い制度であることは付言しておきます。

 

おわり

【スポンサーリンク】