たな

たな

いろんなことを考えます。いろんなことに挑戦します。Javaのエンジニアです。

【スポンサーリンク】

幸福感の調査

今日、こんな記事を見かけた。

mainichi.jp

 

(1)収入(2)学歴(3)自己決定度(4)健康(5)人間関係 と幸福感の関係を調べたものらしいです。

その結果、(3)自己決定度 が大きな要因でした、とのことです。

論文を読めていないので、何も言えませんが、こういう調査は概して難しいですよね。

ほんまにそれが要因なんですかってなる。

 

まぁ、感覚的には本当にそうだなーとも思いました。

自己決定できるかどうかは、少なくとも私にとっては非常に重要で、今もそれをかなり優先度高くしています。

でも、本当にそれだけが決めてなのかなとも思います。

この調査の項目に限って考えてみると、

(1)収入

→今、かなり低いです。「自己決定度」を高めるために、年収が良いとされる起業を辞めました。

(2)学歴

→自分で言うのもなんですが、世間的には高く、満足しています。

(3)自己決定度

→かなり高いです、いや、高くいられる環境に自分を置いています。

(4)健康

→ジム行ったり走ったり、かなり気を遣っています。

(5)人間関係 

→そんなによくありません。数人の友達がいます。

 

自己決定度を考える際に、

そこそこの年収は必要だし、健康は選択をする上での基盤になるなというのが私の見解でした。

めっちゃ高い年収、学歴、人間関係は現在の私にとってはそこまで大きな要素ではありません。

これは時間によって変わっていくんだろうな。

 

おわり

【スポンサーリンク】