たな

たな

いろんなことを考えます。いろんなことに挑戦します。Javaのエンジニアです。

【スポンサーリンク】

グループディスカッションの攻め方

就活におけるグループディスカッションの攻め方です

最近就活の話題をよく目にします。
経団連がルールを撤廃するようです。
「ふふふ」って感じですよね。
今回は私が就活時に実践していた、グループディスカッションの攻め方を紹介します。
結構役に立つと思います。特に、話すことが苦手な方は、この方法を取るのが良いです。

先に結論を書くと、ディスカッションでは「絶対に真ん中に座る」というものが全てです。

集合時間の20分前には会場に入る

当然ですが、絶対に遅刻はいけません。でも間に合えば良いというものでもありません。
20分前と書きましたが、少し語弊があって、正確には、「一番に会場入りする」ことが重要です。
これは、次の項の「場の雰囲気を掌握する」につながります。

場の雰囲気を掌握する

前項のように、自分が一番に会場入りします。もし席を選べるタイプなら、真ん中に座りましょう。左右に人が座る形になるポジションです。 そして、あとから来る就活生を迎え入れます。これは超大事です。

一人目が来ました。まずは迎え入れ、話かけます。はじめは挨拶程度からしましょう。相手も緊張しているはずなので、ほぐす意味合いもあって、会話は続けやすいのではないとか思います。ここで会話を途切れさせてはいけません。 二人目が来ました。ここです。ここが重要です。二人目に声をかけます。「こんにちは」と。自分と一人目が作った空間に温かく迎え入れてあげますよという雰囲気を醸し出します。
三人目以下も同様です。
これで大抵の場合は、会話の主導権を握れます。自分たちが初めた話題に巻き込む、あとから来た就活生をお客さんのように扱うという戦略です。

絶対に真ん中に座る

この記事の核です。
正直なところ、これだけで良いです。物理的に、意見が絶対に自分を通して行われるようになります。
右隅の方が左隅の方に何かを話そうとすれば、絶対に自分が間にいます。

同調してうなずいてみたり、あるいは遮って反論してみたり・・・。
自分を軸に議論が進みます。ゲームマスターみたいな感覚で議論を進められます。
議論が苦手な方は隅に座ってしまうと、一言も話せなかった、周りの方々の身体が自分の方を向かなかったとなるので、注意しましょう。

議論強そうなやつの正面には座らないようにする

正面は否定しがち、されがちなポジションです。心理学の論文であります。気になる方は調べてください。 事前に避けることがおすすめです。

おすすめの本

個人的には「採用基準」を読んでほしいです。

採用基準

採用基準

おわり

【スポンサーリンク】