たな

たな

いろんなことを考えます。いろんなことに挑戦します。Javaのエンジニアです。

(2019-6)『インターネット的』を読みました

『インターネット的』を読みました

インターネット的 (PHP文庫)

インターネット的 (PHP文庫)

言わずとしれた、糸井重里さんの本ですね。文庫版を読みました。
文庫版だと、「続、インターネット的」が加筆されているので、今から読むのであれば、文庫版の方がオススメです。

感想

インターネット黎明期にここまで、予想していたのかと、感嘆しました。
ただ、内容をまだ咀嚼しきれていないというのが正直なところです。
おそらく本質を突いていて、色褪せることがない内容なのではないかと思います。

印象に残ったところ

「ひとつのものを肯定したり賞賛したりするために、他のものを並列的に例にひいて、そちらを否定する」ということが、ぼくが言っている「消費のクリエイティブ」を、育ちにくくしているのではないか。そういうことが、気になったのだろうと思いました。

すごく示唆的です。
糸井さんは度々、消費者側にも、「自分は何が本当にほしいのか」を考える姿勢が大切だ、という趣旨のことを書かれていたと思います。
昨今は、TVやSNSなどのメディアで垂れ流されたもの、有名な誰かが良いと言っていたものが良いとされる風潮がありそうですが、そうではないと。自分で、モノの価値を考える必要がある、プライシングをする必要があるということです。
価値主義などの言葉が現れ、それに共感する方々も多くいます。
自分にとって価値があることは何なのかを改めて考えたいです。

おわり。。

【スポンサーリンク】